受験生必見!模試を意味のあるものにするには?-第1回-

こんにちは。愛媛県松山市の生徒の考える力を育む集団指導塾、学習塾ComPassです。

中3生のみなさん。

長い夏休み、受験勉強にどれくらい取り組めましたか?

そして、夏休み明けの実力テストはどうだったでしょうか?

 

ここから模試を受験する人も増えてくると思いますので、

今日は模試についての考え方の話をします。

 

愛媛県の公立高校合格に向け、

愛媛で受験することのできる主な模試は、

「県模試」と「愛進研模試」です。

学習塾ComPassでは県模試を受験しています。

塾に通う多くの受験生が模試を受験しているかと思いますが、

模試を志望校合格に向け、意味のあるものにできたら嬉しくないですか?

 

そのために大事なことがあります。

それは、

「模試に対する考え方」です。

 

その中で重要なことは、

「模試=宝探し」と思えるかどうかということなんです。

 

 

模試=宝探しってどういうこと?

 

模試に限らず、学校の定期テストなど、

テストと呼ばれる類のものは

「自分が何がわかっていて

何がわかっていないか」

を把握することが重要なんです。

 

模試に対する考え方が変わるとどうなる?

自分がわかっていなかった・できていなかった部分を

「お宝」と考えることができた人は

グングン進化していくことができます。

 

  1. 模試の後、とても不安になっていた
  2. 模試のたびに焦る
  3. 一問解くのに時間がかかる

 

このような状態だった人が、

  1. 模試の後、「お宝ゲット!」「まだまだ進化できる!」と思える
  2. 模試のたびに一歩ずつ進んでいる感覚になる
  3. 問題を最後まで解き切ることができる

 

このように変化していきます。

 

みなさんは、

「模試を受けるときは本番と同じと思え!」と

言われたことはありませんか?

 

私もかつて、

模試の前に何の準備もせず、

何のために模試を受験しているのかわからないような人に

喝を入れる意味で「本番と同じと思え!」と言ったことはあります。

 

でも、

それと同時に、

プレッシャーに弱く
模試のたびに緊張して結果が出せない人も何人も見てきました。

 

模試は、本番と同じじゃないですよ。笑

だから、

「今、失敗してよかったね。」

「何が原因だったか、今知れてよかったね」

「まだまだ伸び代があるってわかってよかったね」

塾生にはそう声をかけます。

 

 

とは言っても、

そんなカンタンに切り替えられない、って思いましたか?

 

模試を宝探しと思って取り組めるようになるには、

3つのカギがあるんです。

 

それについては次回、お伝えしますね。

ぜひゲットして、

志望校合格に向けて進化していってください!

 

 

受験生必見!模試を意味のあるものにするには?-第2回-

 

 

お問い合わせは
こちらから